作務衣(さむえ)とは

作務衣(さむえ)は、禅宗の僧侶が掃除を行うときに着る衣。昭和 40 年代に永平寺で用いられたものが最初といわれています。曹洞宗の僧侶が外出時などに着用する場合は、袖口と足首の部分はホコリやゴミが入らないよう、ゴム紐などで絞ってあるものが多いです。

修行僧は『黑』、住職などは『紺』や『茶』など黑以外の色を着用する場合が多いです。神社の神職も作務衣を使用しますが、この場合『白』、その名称は『白作務衣』などと言います。

着やすい為、現在では僧侶固有のものとしてではなく、甚平と共に単なる部屋着の一種として扱われ、熱心な 愛好者もいます。一般用には、上衣の上に羽織るちゃんちゃんこが付いたり、素材も刺子や紬の無地素材など、僧侶用とは異なる製品もあります。

作務衣商品一覧

駿河絣の作務衣
駿河絣の作務衣
縦スラブの作務衣
縦スラブの作務衣
豆刺し子の作務衣
豆刺し子の作務衣
横スラブの作務衣
横スラブの作務衣
まだら染の作務衣
まだら染の作務衣
スラブ絣の作務衣
スラブ絣の作務衣
メンズ 本刺し子
メンズ 本刺し子
メンズ 本紬織の作務衣
メンズ 本紬織の作務衣
痩せ型LT向け作務衣
痩せ型LT向け作務衣
ロールアップ作務衣
ロールアップ作務衣
源氏車作務衣
源氏車作務衣
夏用作務衣
夏用作務衣
袖口ゴムの本紬タイプ作務衣
袖口ゴムの本紬タイプ作務衣
デニム作務衣
デニム作務衣
デニム作務衣
デニム作務衣
分厚い裏付きデニムの羽織
分厚い裏付きデニムの羽織
纏織り作務衣
夏のまとい織り作務衣
本紬の筒袖作務衣
本紬の筒袖作務衣
大きいサイズの作務衣
大きいサイズの作務衣はここclick
冬の作務衣
冬の作務衣はここclick